不動産投資

趣味がないサラリーマンは不動産投資をはじめてカッコよくなろう

あなたは「趣味がない」か「不動産投資に興味がある」サラリーマンですね。

趣味がないサラリーマンは「お金がかからなくていい」と奥さんや奥さんの周りの人から褒められているかもしれません。

でもきっとあなたは平凡なサラリーマンとしてその人たちから認識されてしまっています。

そんな平凡なサラリーマンが実はマンションやアパートのオーナーだったら、周りの人からの評価は驚くほどいい方向に変わります。

ワクワクしませんか?

サラリーマンじゃないと不動産投資ははじめにくい

不動産投資に興味はあるけれど、不動産投資ってお金持ちがすることでしょ?

という考え方をしてしまっているカッコ悪いサラリーマンは、もっと本やインターネットの記事を見たほうがいいです。

実は会社勤めをしていない人よりもサラリーマンの方が銀行からお金を借りやすいので、不動産投資をはじめやすいのです!

 

会社勤めをしていない人が銀行からお金を借りるのはとても難しく、借りたい金額を銀行に定期預金しているか現金でもっていないと借りにくいです。

アフィリエイターやユーチューバーが月に100万円稼いでいても、銀行はサラリーマンに対しての方が簡単にお金を貸してくれます。

年収が低かったら始められない?

「サラリーマンはお金を借りられるから不動産投資をはじめやすいっていうけれど、どうせ年収700万円以上とかの人の話でしょ」

と思ったあなたに朗報です。

僕がはじめて不動産投資をはじめて物件を購入したとき、僕の年収は400万円でした。

しかも転職したので勤続年数は1年

こんな状態のサラリーマンにも銀行は1000万円の融資をしてくれました。

頭金200万円を支払うだけで僕は1200万円のマンションを購入でき、毎月振り込まれてきた家賃から銀行に借金を返済して残ったお金がお小遣いとして残っています。

サラリーマンが不動産投資をするメリット

僕が不動産投資をはじめたのは社会人5年目でした。最初に不動産を購入したときに思ったことは

もっとはやく不動産をはじめたらよかったー。

ほんとに強く思いました。

理由としては

  1. 不動産を買ったって言うだけで周りから尊敬の眼差し
  2. 確定申告をすると節税できる
  3. 毎月少しだけれどお小遣いが増える

マンションオーナーの肩書ゲット

想像してみてください。職場の同僚と飲みにいったときに、あなたが

そういえば先月マンション買ってさー

と話したら同僚がどんな反応をするか。

きっと同僚は「すごいねー!どんなマンション?いくらで?」みたいな質問をしてくるでしょう。

そこであなたはこう言うのです。

いやいや自分用じゃなくて人に貸す用のマンションね。

もう同僚はパニックです。そしてあなたが不動産投資をはじめる経緯や自分なりの不動産投資の作戦を同僚に話し終わったところで、きっと同僚はこう思います。

こいつすげーな。

 

不動産投資にネガティブなイメージをもっている人が多いので、「不動産投資をはじめた」と伝えたときに心配してくる人が大多数です。

そんな人の意見は論破できるくらい作戦を立ててから不動産投資をはじめると、失敗しませんし絶対にカッコいいと周りから思ってもらえます。

確定申告すると節税できちゃう

サラリーマンは年末調整があるので、自分で税務署にいって確定申告をしたことがある人はほとんどいません。僕も不動産投資をはじめるまで確定申告をしたことはありませんでした。

不動産投資をはじめると毎年確定申告をすることになり、確定申告後にお金が返ってきます。

この記事では深く説明しませんが減価償却によって不動産投資が赤字になるので、住民税が安くなり払いすぎた税金が返ってきます。

経費として交通費や交際費、書籍、パソコン通信機器が認められるので、今まで消費として使っていたお金が節税になるかもしれません。

 

確定申告をするメリットは節税だけではなく、

サラリーマンなのに確定申告をしているなんて普通じゃない!カッコいい

というボーナスもついてきます。これも案外大きなポイントです。

確定申告をしたことがないサラリーマンと確定申告をしたサラリーマンでは、税金に対しての知識の差がすごいです。

普通のサラリーマンは自分が何に対して国に税金を払っているかわかっていませんが、確定申告をしたサラリーマンは税金の金額の意味や、節税の仕方を理解しています。

この知識をもって生きているサラリーマンは、日々なにも考えず働いているサラリーマンよりきっと知的でスマートな印象を周りの人に与えることは間違いないでしょう。

毎月少しでもお金が残れば成功

普通の趣味はお金がかかりますよね。釣りとかパチンコとかバイクとか。でも趣味として不動産投資をはじめると、不思議なことに毎月お金が残ります。

そのお金を使って奥さんや友達と食事をしたときに「今日は奢るよ」と言えたらもうカッコいいですよね。

奥さんもママ友とランチのときに、「旦那が不動産投資をはじめて食事に連れて行ってくれた」なんて嬉しそうに話してくれて、あなたの株は上がっていく一方です。

もし毎月不動産投資で赤字だったらその投資は失敗しているかもしれないので、よかったらお問い合わせから連絡をください(笑)

アドバイスくらいならできます。

不動産投資の勉強からはじめましょう

ここまで「サラリーマンが不動産投資をはじめたらカッコよくなれる」という内容をご紹介しました。

マンションオーナーになって周りの人からの評価が上がって、節税ができて、毎月少しでも手元にお金が残ったら最高ですよね。

もし興味が強まったらまずは不動産投資の勉強をしてみましょう。

勉強方法もどんどんご紹介していくので読んでいってください